まんこの臭いにバイバイ!しっかりケアで悩み解消

なぜ、まんこの保湿が必要なのか?

デリケートゾーンの手入れに関することばに「ピュビケア」
つまりピュービックケアがあります。
ピュービックケアは欧米では常識ですから、日本でも当たり前かと言いますと、そうではないようです。

 

その理由は国民性の違いかもしれませんが、欧米ではデリケートゾーンのケアは母から娘に伝えられています。
また、ドラッグストアに何種類ものデリケートゾーン専用のソープが置いてあるほどポピュラーです。

 

まんこを構成する角質層は薄い

人体は肌で覆われていますが、肌は皮膚で、角質層で構成されています。
普通、顔の皮膚の角質層は10層ほどもあり、それが細胞の代謝機能で美しくもなり、荒れたりもします。
皮膚の角質層は部位ごとに分厚くもなり、薄くもなります。

 

たとえばまんこの場合は顔の半分の5層程度しかないのです。
角質層が薄いということは、それだけ真皮が表面近くになるので、外部からの刺激に敏感になります。
皮膚の角質層は外部からの刺激を守るためですが、デリケートゾーンの角質層は、
常にショーツやトイレペーパーで摩擦という刺激を受けています。

 

このような薄い角質層でできたデリケートゾーンの皮膚が乾燥すると、刺激を受ける度合いが強くなります。

 

 

皮膚が乾燥するとバリア機能が低下

皮膚は細胞で構成されていますが、細胞に水分が足りなくなると、本来のバリア機能が低下します。
つまり肌に潤いがなくなり、カサカサになり、炎症や痒みが起きやすくなるのです。

 

そこで顔などには化粧水を使って皮膚のバリア機能をサポートしますが、
デリケートゾーンにも専用の保湿剤が必要になります。

 

ここで勘違いしてはならないのが、湿気や蒸れでの水分と保湿剤での水分は異なることです。
まんこが汗をかいて、下着で蒸れた状態は、雑菌が繁殖する原因ですが、
専用の保湿剤での保湿は肌のバリア機能を助けるのです。

 

 

アラフォー以降は特に保湿が必要

肌の保湿機能は加齢とともに低下しますから、
特にアラフォー以降はデリケートゾーンの保湿ケアは欠かせません。
現在市場にはいろいろなまんこ専用の保湿アイテムがありますから、
これらを適切に使用して、嫌な臭いを改善するようにしましょう。

 

 

 

まんこの臭いの原因|すそわきがと遺伝性について

まんこが強く匂う原因の1つにすそわきががあります。

 

すそわきがの臭いはかなり強烈な場合があり、
周囲に臭うのではないかと思うと憂鬱になります。

 

すそわぎがが他人に伝染することはありませんが、体質的な伝染とも言える、
遺伝となると、その可能性は否定できないようです。
ここでは、すそわきがが遺伝する理由について説明します。

 

すそわきがが発生する仕組み

わきがは脇が臭いますし、すそわきがはデリケートゾーンが臭います。
身体には体温を調節するためのエクリン汗腺と、
老廃物などを排出するためのアポクリン汗腺があります。

 

サラッとした水分が多いエクリン汗腺からの汗は臭いませんが、
粘り気があるアポクリン汗腺からの汗は臭いを発します。
厄介なことにアポクリン汗腺は、脇や乳頭、まんこ付近に集中しています。

 

アポクリン汗腺から出る汗に含まれる成分が皮膚にある常在菌で分解されることで、
嫌なわきが臭を発します。

 

 

汗腺の量は体質遺伝する

実は体内にある汗腺の量、つまり数は生まれた時にすでに決まっていると言われます。
言い換えると、わきがやすそわきがを招くアポクリン汗腺の多い少ないは、
体質的に遺伝するのです。

 

さらに言い換えると、わきがやすそわきがなどが遺伝するのではなく、
わきがやすそわきがの原因となるアポクリン汗腺の数が遺伝するのです。

 

体質改善と生活習慣改善ですそわきがは改善できる

ところが両親がわきがの場合、遺伝するなら子どももわきがになるわけですが、
両親がわきがでも、まったくわきがもすそわきがも無縁な人がいます。

 

それは、たとえ体質的にアポクリン汗腺が多い人でも、食べ物などで体質が改善され、
日常の生活習慣が正しければ、わきが体質の遺伝を防げるからです。
多くの場合、体質遺伝は日常生活が関係しますから、
わきがになりやすい食べ物と生活習慣を親から引き継がなければいいのです。

 

すそわきがの遺伝は後天的に解決できる

すそわきが発生の引き金になるアポクリン汗腺からの汗に気を使うことで、
後天的に遺伝性のすそわきがの発生を抑えることができます。
つまり、良くない生活習慣の遺伝を断ち切ることで、すそわきがの発生を防ぐことができるのです。

参考:あそこの臭い改善

 

 

トレチノインが女性のデリケートな部分の黒ずみを改善

ニオイと同じく、黒く色素沈着してしまうことに悩んでいる人も多いのに、
周りに相談しにくいのが女性のデリケートな部分です。
今回お伝えするのは、そんな悩みをこっそり解決できるうれしい情報です。

 

 

黒ずみを解消するトレチノインって何?

トレチノインという成分が黒ずみの除去に効果的と言われています。
このトレチノインで、誰にも知られず黒ずみを改善していきましょう。

 

◇ビタミンA誘導体トレチノイン
メラニンが色素沈着を起こして、黒ずみになります。
このメラニンに働きかけて黒ずみを解消するトレチノインは、ビタミンA誘導体の
一種であり、クリニックなどでも利用されている成分であるため安心です。

 

また、アレルギー反応がでにくいということも安心して使用できるポイントです。
これは、この成分が実のところ人間の体内にも存在しているためです。

 

そしてこの成分は肌の問題全般に効果的だということで重宝されています。
肌荒れ、しわやしみなどにも効果的で、黒ずみの除去だけでない万能さです。

 

 

◇トレチノインが有効なのはどうして?
肌の代謝サイクルを促進するというのがトレチノインのメインの作用です。
肌の代謝サイクルが崩れるのは、様々な肌問題を引き起こすので、
このサイクルを整えることでそれらを改善するというのは、理にかなっていますね。

 

肌の生まれ変わりを進め、不要な角質を剥がれやすくし、
デリケートゾーンの黒ずみを、肌を再生することで解消していきます。

 

 

トレチノインの使用の際に気をつけるべきこと

先述の通り、メラニンの沈着が原因で黒くなってしまった古い角質の再生を
促進すれば黒ずみは解消されるわけですが、トレチノインの使用法については注意点もあります。

 

トレチノインは不要になった角質が剥がれるのを促進しますが、いくら
アレルギー反応が起こりにくく安全性の高い成分だとは言っても、
それは自然に逆らった作用であることを考えると、副作用が起こる可能性もないとは言えません。

 

特に体の部位の中でもデリケートなのが女性の陰部です。
そのデリケートな部分に直接つけてはいけません。リスクが大き過ぎます。

自分のデリケートゾーンを簡単にセルフチェックする方法

確認することが困難な場所である自分の陰部は、他の人と比べてどうなのか、
女性として色や形が気になったことが一度はあるのではないでしょうか。

 

 

どんな形や色が好まれるのか?

人間一人一人の顔や体のつくりが違うように、陰部も個性があって様々です。
そして人によって、こんな形がいいとか、こんな色だったらいいというイメージを持っているでしょう。

 

◇どんな陰部が理想的?
見えにくい部位であっても、自分の体の一部に興味がない女性はあまり
いないでしょう。男性とは違った意味で、女性は女性でデリケートゾーンが気になるものです。

 

これが理想的な形である、といった見本がないだけに、具体化するのは
難しいところがありますが、こんな陰部なら理想的と多くの人が考えているのは、
ピンク色で少し小さい形と言われます。

 

◇きちんと確認したことはある?
あまりきちんと確認したわけでもないのに、自分の陰部は理想からかけ離れていると
思って、自信をなくしてしまってはいけません。確認するのに十分な光り具合の照明
と、本来の姿を映し出す角度の用意が必要です。

 

 

環境を整えてきちんと確認

では、鏡を用意して「きちんと」確認してみましょう。
この際恥ずかしさは捨ててしまいましょう。

 

◇鏡の角度に注意
手の角度によって、見た目が変わってしまうため、確認する際に使う鏡は、
手で持たなければならないものは避けましょう。代わりに、確認する箇所の真正面に、置き鏡を置いてください。
もちろん鏡は横からのぞき込んだりするのではなく、きちんと鏡にまっすぐに
向かうかたちで確認することが大切です。

 

◇スマートフォンを使うのも一策
スマートフォンで写真を撮ることに抵抗がなければ、その方が確認しやすいですが、
その際も真正面からという点には気を配ってください。撮影後のデータ管理はきちんとしなければいけませんね。

 

少し指で広げてみることでより明確に確かめることができますので、
上記の方法で確認するときは手もきれいにしておいてくださいね。
思っているより理想的かもしれないことを知り、自信がつくといいですね。
まんこ臭い改善